納骨堂の利用と命日のお墓参り

納骨堂に納骨してもらう人が増えている

納骨堂に納骨 先祖代々のお墓があってもそこに入ることができるのは長男だけなので、それ以外の人は他にお墓を買う必要があります。
しかしお墓の話しに関してはとても重要なことですがデリケートな話しなので、そのことについて夫婦で話すのが難しい場合もあります。そしてお墓を購入しないままに夫婦のどちらかが亡くなってしまった場合には、お墓を所有していないのでとても大変なことになってしまいます。
そこでお墓を購入するまで納骨堂で一時預かってもらうケースが増えています。
ただそこで預かってもらえる期間が決まっている場合が多いので、それまでにお墓を探す必要があります。このような形で納骨堂を利用している人が沢山いますが、別の形で利用している人もいます。
最近ではお子さんのいない夫婦も多いために、将来のことを考えてお墓を購入しない家庭が増えています。そして亡くなったら納骨堂に納骨をしてもらう人が沢山います。
今では一時的に預かるだけでなく永代納骨をしてくれる納骨堂もあるので、そういったところに納骨をしてもらう人が増えているのです。
お墓のことについては親しい間柄でも話すのは気が引けてしまうこともありますが避けては通れないことなので、生前からそのことについてはしっかりと話し合っておく必要があります。

納骨堂でも命日にはお墓参りするべきか

納骨堂、というものをご存知でしょうか。
これは、お墓のように墓石があり、土に遺骨を埋葬する形ではなく、屋内でロッカーのような場所に各自の骨壺を収蔵してあるもののことを指しています。
亡くなった方を埋葬する際にはお墓が使われることが一般的だと思われていますが、近年、納骨堂に納めるということも多くなってきました。これは、個別の墓の場合では誰かが引き継いで掃除などのお世話をする必要があることに比べ、屋内であるためそういった必要がないという部分が大きいと言われています。
では、お墓を建てるのではなく納骨堂に収蔵することを選んだ場合は、命日などにお参りする必要はないのでしょうか。
たしかに、納骨堂では管理する寺院があり、屋外ではないので掃除などの必要もありません。
ただ、そうは言っても基本的にはご先祖様のご遺骨を納めているということは変わらないのです。自分を育ててくれた方、またはそのご先祖様などがおられる場所であることに変わりはありませんので、お参りの必要がないというわけではないでしょう。命日やお盆、お彼岸の際などにはお参りした方が良いといえます。
また、そういった場合以外でも、収蔵された方への気持ちを込めて、定期的にお参りするのは良いことと言えるでしょう。

納骨堂関連情報

お墓に関するお悩みならお気軽にご相談ください。

納骨堂を東京で探す